1 2 3

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

複製との対峙
_PROGRAMMING

制作スキル: openFrameworks, processing, Arduino, 油絵

大学4年。卒業研究作品。「プログラミングを使った作品に似たような作品が多くないか」という1つの疑問から生まれた作品であり、 プログラミングを使った作品にオリジナリティを持たせるにはどうしたらいいかを考えた。ヴァルター・ベンヤミン「複製技術時代の芸術」 によると、オリジナリティのあるものにはアウラが宿っており、複製技術を使った作品にアウラは宿らないと言われている。(本当はもう少し 複雑だが割愛する…)つまりこれは、プログラミングで作られた作品 = 複製できる作品 にアウラを宿らせたいという実験的作品である。 テーマはアルゴリズムの美しさ。現在、デジタル・ネイティブやラディカル・アトムズが普遍的になり、デジタルは空気のように当たり前に 存在しなくてはいけない「自然」のような存在になった。昔から「自然」は色々な画家に描かれている。私はその流れにのっとりプログラミングをして動く アルゴリズムを描くことにした。観客はアルゴリズムから生まれた美しい模様をまず見て、そして触ることによりそれを感じ、そこからこれまた アルゴリズムから作られた音が流れることによって美しいアルゴリズムの世界に足を踏み入れてもらえたら嬉しい。そしてそれはまたアウラに繋がると信じている。 上から3番目の画像群に詳しい説明が載っているのでそれも見ていただけると嬉しい。