みやこ祭プロジェクションマッピング
_MOVIE

制作スキル: Illustrator, Photoshop, CINEMA4D, AfterEffects, Premiere, openFrameworks, OSC

大学3年。東京プロジェクションマッピングアワードで最優秀賞をいただいたことから、大学祭実行委員会に頼まれてエリアプロジェクションマッピング を上演した。アワードの時の1つ上の先輩と2人で統括し、約25人のインダストリアルコース学部1年からM1の人までを集めて完成させたがやはり1番苦労した のは大人数のプロジェクトの進め方だった。最終的には4班に分かれ、5分程度の作品を4つ作り上げることができたが、そこまで至るのに色々な困難があった。 プロジェクト自体は大学3年の4月頃に持ちかけられ、場所決めから始まり大規模な商業的プロジェクションマッピングはできないと判断し、中庭全体を プロジェクションマッピングすることにより空間を演出するエリアプロジェクションマッピング(造語)をすることに決めた。測量や機器の収集、設置、当日 の投影なども全て学生が行い、音響装置以外で業者の介入は一切なく、非常に大変なプロジェクトだった。
作品は中庭を囲う建物と床に計10台のプロジェクターを使うことで実現しており、映像と音楽の同時再生のためのパソコンの同期は私がopenFrameworks を使いOSCという通信規格で有線で行った。映像自体は測量したデータからCINEMA4Dなどを使いデータに合うように作成した。大学祭のテーマが「WATCH」で そこから私が考えた「unreal」というコンセプトを軸に1つの空間作品を作り上げることができた。たくさんの方にご来場いただきとても嬉しかったです。 左に載せたのは私が属した4班の作品。